2018年4月8日(日)
テーマ : ブログ

こんにちは。冬が過ぎ、一気にあちこちが桜のピンク色に染まり、観光客やお花見客でにぎわっていましたが、今年は桜の開花が早く、この辺りでは桜はもう見納めといった状態ですね。皆さまも桜を存分に楽しまれましたでしょうか。

 

 

さて、森下ゆたかが橿原市長として3期目をスタートさせて折り返しの2年が過ぎ、先日4月3日には、森下は還暦を迎えました。一昔前は「還暦」というと、お年寄りのイメージがありましたが、最近ではまだまだ現役といった方が大勢いらっしゃって、森下自身もとても若々しいので、還暦だなんて信じられないぐらいです。今年は平成最後の年で、また、前回の橿原市長選挙でも大きな争点となりました八木駅前の市役所分庁舎と宿泊施設を備えた複合施設は2月13日にオープンしました。今年は国全体も、この地域も、森下個人にとっても大きな節目の年となり、あらゆる面において物事が大きく動き出しそうです。
森下ゆたかはますます元気に公務に励んでいます。昨年には京奈和自動車道の橿原~和歌山間がひとつに結ばれ、交通アクセスがさらに向上しました。海外からの来日人口の増加は著しいものがあります。「人もモノも文化もこの地に集め、にぎわいを生み出す土台が整ってきたいま、このチャンスをしっかりつかみとり、橿原市は奈良県の中南和の玄関口としての役割をしっかり果たし、新たな時代に向けて進化していかなくてはならない!」そんな強い思いで市政運営を行っています。

 

「人口減少」や「少子高齢化」数多くの課題を抱える時代ですので、暗くてマイナスな言葉はいくらでも浮かんできます。だからこそ、そんな時代に生きる私達や将来世代にとっての本当の意味での豊かさとは何かを今一度考え、追及し、明るく元気なまちづくりのために、変化を恐れずにチャレンジし、前へと歩みを進めていかなくてはならないと、森下ゆたかは市長10年目も本当に前向きです。

 

春のはじまりを告げる「神武祭」も終わり、いよいよ本格的に新年度がスタートします。

 

“人”を大切にするまちを追い求め、この地に暮らし、働き、訪れる人や次世代のためにまっすぐに挑戦しつづける森下ゆたかに今年度も温かいご支援をお願いいたします。

 

 

森下ゆたかネットワーク事務局 <Tel>0744-28-7737 <Fax>0744-28-7757 <E-mail>mori-mori@car.ocn.ne.jp

Copyright © 2011 Morishita Yutaka Network All Rights Reserved